Hand In Hand K ひまわりファミリーKumamoto
福島浪江町郭内仮設住宅「心の応援活動」記録です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


熊本の思い・・・福島の学生さんへ
嬉しいお知らせです。

熊本で東日本大震災復興支援キャラバン・・としてチャリティーを

続けている主催者の宮里浩造さんと鶴田光一さんから・・

福島の応援をしたいとご相談を頂きました。

出来れば子供たちに直接何かを届けたいと言うことで・・

毎月お野菜を熊本から福島にお野菜を発送してつながりのある、

しばちゃんが応援している福島の窯元さん「あさか野窯さん」の事を

何かの形で応援したいと思っていたことをお繋ぎして・・

福島の窯元さんに作品を依頼して・・窯元さんを応援し・・

さらに福島の子どもさんたちに・・

頑張って再度立ち上がった窯元さんの思いを未来につなぐ思いを忘れないでと

気持ちをこめて、福島の子どもさんたちにプレゼントをしたらいかがでしょうか?

とご提案させていただき・・


福島のしばちゃんにも相談し、願いが叶いました。

本宮市の浪江高校

二本松市の同校津島高校

二本松市の浪江小学校

津島小学校

浪江中学校

の学生さんへ宮里さんたちの思いが届きます。


皆さんの思いがつながり・・その架け橋ができたことに感謝いたします。


このような、きっかけを作ってくださった、

しばちゃん、宮里さん、鶴田さん・・そして窯元の志賀さん・・・

ありがとうございます。
貴照梨左

このカップをご寄附するチャリティー3月5日のLIVE会場で・・

こんな私ですが、舞台に立たせて頂きます。

そして、今の福島・・仮設の方の思い・・しばちゃんたちの今迄などを

15分ほど御時間をいただきまして、お話しをさせていただきます。


復興支援キャラバン from くまもと FBページ
https://www.facebook.com/events/1717267615175490
写真:福島民報 3月1日(火) 22面 「ふくしまは負けない明日へ」

12804669_930404183674785_7818614172307345353_n.jpg

スポンサーサイト


くまにち「Kumamoto すてきびと」
そうそう・・
ちょこっと前に・・
熊本都市園に30万3000部・・
無料ポスティングされる熊日さんの・・

「くまもと生活応援紙 すぱいす*spice」さんの
取材を受けました~~!

7月31日に熊本都市園のご家庭の・ポストに~~

「Kumamoto すてきびと」すてき人
って言うコーナーに
私のことをご紹介いただくことになりまして~~(*^。^*)

いつものままの顔で出ちゃいますが・・・(笑)

インタビューにお答えしたことが・・書かれています!!

せっかくなので・・ちょこっとでも見てみてくださいませ~~!!
熊本の方は・・新聞をとってなくても・無料配布なので~~

いろいろな活動の時に、私を説明する道具にちょこっとなるかな??
宜しくお願いしま~す!

これです!!↓


福島浪江町仮設住宅応援活動報告269
昨年・・

熊本のアーティスト Vientoさんの御協力



いつも心の交流をさせていただいているしばちゃんたちの

福島の仮設住宅の方を熊本にご招待しよう~~!!

企画をさせていただくことになりました。

その時のコンサートで集まったお金は・・最低経費を引いて474,600円でした。

(アーティストのみなさんは、ノーギャラで御協力いただきました!感謝です)



ちょうど、選挙の時期でコンサート集客が厳しいと思っておりましたが、

いろいろなご協力もあり・・



後に応援金としてご協力してくださる方が次々と名乗りでてくださり・・

念願の熊本ご招待をすることができるようになりました!!



前回は、3名様が熊本にお越しくださいましたね。








そして・・今年は9名の方が福島から熊本にお越しいただけることに

なりましたよ~~!!



当初、6名様のご招待が精一杯でしたが・・

私の活動を応援したいとおっしゃるかたも出てきて・・・

活動費と言うことで応援くださり・1名増え・・2名増え・・



今回はとっても賑やかになりそうです!!



日程は、

4月3日 金曜日~4月5日日曜日の2泊3日です!



4月3日 金曜日 午後に熊本空港に到着後・・

Vientoさんのお迎えで阿蘇観光の予定です。

車は万里さんがお手配してくださるとのこと。



4月3日 金曜日 19時30分~ 

私のイベント事務所Hand In Hand Kにて

前回同様の歓迎会を開催したいと思います!(*^。^*)



参加費は、持ち寄り1品・・手作りでも購入品でも・・皆さんで持ち寄って

立食パーティをしたいと思いますので持ち寄り食べ物が参加費です。



前回は20名くらい・・の方がご参加くださいましたね。

しばちゃんたち・・郭内仮設住宅の方々と直接お会いしたいかた~~

いつも心の応援をしてくださっているかた~~是非!!ご参加くださいませ!



この日は熊本市内のホテルにご宿泊して頂きます。朝食は郷土料理があるホテルです。



歓迎会にご参加いただける方~~

人数確認のために、namie@kisyo-risa.com までご連絡を頂けると助かります。

マスターの方にお電話でも構いません。お知らせをお願いしま~す!



2日目の4月4日は・・熊本城・・ちょこっと熊本観光をして・・

黒川温泉にご案内いたします!

古風な素敵な旅館をご予約することができました!!

前回、お安くなるご紹介をお願いしましね。

さっそく恵美ちゃんもたくさん動いてくださったり、ひろさんがご連絡をくれたり・・

最終的にはかおるさんと手島さん、そして手島さんのお兄様が現地交渉を

してくださり・・春休みなので空いている旅館もない中・・お部屋を2部屋・・なんとか

押さえていただきました~~!しかも、料金もお勉強していただくこともできました~!

通常・・この春休みで週末なので1泊18000円~20000円が相場だと・・知らず^_^;

このランクのところで、これよりお安くなりましたので・・(*^。^*)



お部屋は3人部屋を2部屋なのですが・・ここに何と!!12名で宿泊させていただきます!

福島から9名の方がご参加・・熊本1名は・・民宿になってしまいました・・^_^;



先日熊本から黒川温泉の移動のお車協力をブログで募集お願いしたところ・・

一番のりにかおるさん、小畑さん・・そして増員となりましたので

ぞんびーさんが名乗りでてくださりお車協力をしていただくことになり・・

今回の黒川温泉にご同行していただくことになりました!



本当はこの黒川温泉にて宴会をみなさんと~~と思っていたのですが、

旅館のお部屋が2部屋で・・宿泊者の方のみしか宴会に参加できませんとのことなので

この日の黒川温泉旅行は、福島の方々にゆっくりと黒川温泉を満喫していただこうと

思います。



もしも、この日の熊本観光にご同行をご希望の方はご連絡くださいませ。(*^。^*)

黒川温泉での宴会はご一緒できませんが、近くの民宿の予約はまだ可能です。

こちらはとってもお安く旅館の半額ぐらいで1泊7300円ですよ。

ご連絡をいただければご予約代行いたします。横浜からゆめふうせんのmamiさんと真ちゃん

こちらにお泊りになられます。こちらは、実費となりますのでご了承くださいませ。



4月5日 最終日は、黒川温泉から熊本空港の間の観光をしてお見送りとなります!



そして熊本空港でのお見送りですが、空港でのお見送りを一緒にしてくださる方は

熊本空港のロビーに14時30分ごろにお越しいただいて福島の方々とお話しをしませんか~!



また、観光などのお知らせは改めてさせてくださいませ。

今週、かおるさんと手島さんは、黒川温泉まで行って交通の下見をしてくださることになっております。

私の代わりに・・本当に御協力ありがとうございます。


皆様の御協力でこのように夢がかなえられます。




いつも、福島の応援・・そして私の個人活動の応援を本当にありがとうございます。

御協力くださった方々のご報告はのちに、しっかりとさせていただきますので少々お待ちくださいませ。







Hand In Hand K ひまわりファミリー kumamoto






福島浪江町仮設住宅応援活動報告246 
福島のある仮設住宅・・



御縁あって交流をさせていただいております。



このブログを通して・・

多くの方に支えていただきながら・・

福島仮設住宅応援が継続できているんだと思います。



先日、いつも応援してくださるみぃさんのつながりから・・

竹とんぼをお預かりしました。



みぃさんの御知りあいの木多公認会計士事務所の木多さまより

鉄板焼きはしもとの橋本さんをご紹介いただいたようです。

お手紙をお預かりしました。(ご了解のもとご紹介させてください)





こちらのお手紙の橋本さんは、竹とんぼを制作されて・・

2013年3月~2014年4月の1年かけて

熊本の方々1000人の方に東北への応援のメッセージを集め

被災地の方へ送られていたそうです。

ところが・・

今年の6月に突然・・「骨髄性白血病」になられてしまい・・

現在入院・・療養中とのことです。



この竹とんぼの想いを・・

せっかく集めたけれど・・どうしたらよいだろうか?と言うことから

このブログをご紹介いただいてご縁を頂きました。



その竹とんぼ・・熊本のみんなの思いが書かれています・・







本日の月1回・・福島仮設住宅へお野菜を送る時に一緒に発送予定です。



そして・・

心ある友人にも先日お願いしまして、

東北・・気仙沼の子供たちに届けていただくことにもなりました。






1000本あります・・

大切にこの想いをお届けしたく・・

まだ私の手元にありますので・・

東北の子供さんたちへお渡しできればと思っておりますので、

この竹とんぼを送らせていただけそうなところをご存じでありましたら、

namie@kisyo-risa.com までお知らせいただけますと助かります。

すぐに、発送させて頂きます。



さ~~これから月一回のお野菜発送に行って参ります!!



本日は、にゃーすさん・・かよちゃん・・SP君・・よしこちゃん・・

どうぞ、よろしくお願いしま~~す!!田崎市場に行ってきま~~す!







福島郭内仮設住宅「しばちゃん」応援活動開始
2011年3月11日

悲しくも東日本大震災が発生してしまいました。

私は当日・・ずっとテレビを見ていて・・
信じられない光景を目にして・・
大変なことが起きていることに・・
何をどうしたらよいのか?複雑な思いに悩みました。

震災の翌日です。
熊本の栗谷さんというある会社の社長さんから・・
「貴照さん、ツイッターでSOSが出ているけど・・もしかしたら嘘かもしれない・・
けど真実だったら多くの方の命が救える。今は真実とか嘘とかよりも動くことが大切で
例え嘘であっても何もなくてよかったとの思いを持って協力していただけないでしょうか?」と
お電話を頂きました。

その時の様子をこのように書かれていました。

アメリカからーー
Twitter から[【拡張希望】石巻市雄勝町に4500人の生存者がいるのですが、未だ食料もいってなくて餓死してしまうかもしれない状況です。陸路がふさがっているため、ヘリコプターで今日中に必ず食料の方届けて下さい!お願いします!

私たちにメールが届いた。危ないと思い、ヘリ出動しなければと思い、人脈も多い方々100人ぐらいにその場からメールを発信続けた。やはりありがたい事に、心ある友たちがいた。一人は民間ヘリの会社の方を紹介頂いた。電話の声からもとても温かい思い篤い方であった。費用等丁寧に教え頂いた。


これが私が被災地に関して行動を始めたきっかけです。
実はこの行動が・・のちに4日後にメディアで一般の方の通報で4500名の命が救われました!と
放送され・・感動の瞬間がありました。
この社長さんのおっしゃる通り、今何が必要か?
被災地のかたのSOSに耳を傾けることを何よりもしなくては!!と思ったのです。
こちらの社長さんのコラム 2013年3月11日の所にも書いてくださっています。

それから、ブログで赤ちゃんのミルクのお水がないとコメントを見れば
そのお水の手配をしたり・私に出来ることをさせていただきました。

月日とともに・・残念ながら開拓していろいろなところへご支援物資をお送りしていたのですが
送ってもお返事がなかったり・・送って欲しい希望を聞くと・・ゲームソフトだとか好きなアイドルの写真だとか?
ちょっとおかしくないか?と思ったり、募金活動の資金はどのように使われているのか?を確認すると・・
ちゃんと使われていなかったり・・

しかし、本当に助けを求めている方がいるはずと・・あきらめずに探していたところ
今回の福島浪江町の被災者「しばちゃん」と出会いました。

最初はひと箱とかふた箱でしたが・・
私の友人の医学部教授と話していたところ、このような集団生活をしている仮設住宅の方をサポートする場合、
1家族だけだと仮設住宅の集団のバランスを崩し、中には仮設住宅の仲間同志・盗みあう危険がでてくるので
応援するのなら、平等に仮設のみなさんにした方が良いとアドバイスをいただきました。

ちょうどそのころ、本当に・仮設では泥棒が入ったりと・・これはいけない!!しかしながら仮設住宅は
240名100世帯がある。この人数分を自分が毎月フォローできるだろうか?との思いから
私の個人ブログ「貴照良日」にて呼びかけをしました。

毎月・・毎月・・お声をかけてくださるかたが増えて・・みんなで少しずつ協力していけば続けていけると
確信しました。

そこで、皆さんにお気持ちMax1/10のご協力
或いは、お金をかけず家にあるもので、あるいはラーメン5パックのうち2つだけでも・・
みんなの思いを箱に詰めれば沢山になりますのでと呼びかけてこの活動が始まりました。
当時の皆さんからの思いはこのような感じでした。
IMAG1380.jpg
一人はトイレットペーパー2ロールだったり・・石鹸2個だったりで無理なく続ける。
どうぞしばちゃんたち・・仮設住宅の皆さんがお元気になられるまで皆様のご協力のもとこの活動を続けさせてください。
どうぞ、よろしくお願い申し上げます。




Copyright © Hand In Hand K ひまわりファミリーKumamoto. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。